Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hello, 2017!

2017年になりました。今年もどうぞよろしく。

2016年は、後半に向かうに連れて加速度的に忙しくなり、気が付けば年の瀬、そして年明けを迎えていた、そんな一年でした。正月恒例の挨拶回りも済んでやっと一息。

 

個人的には、可能な限り生活のコストは抑えたいという思いがあって。住むところであったり、仕事であったり、普段の生活習慣であったりのそれぞれにおいて。

イムリーな話で行くと、虚礼廃止ということで、年賀状はこの数年で、基本的には出さない方向に調整していたりする。親戚とのやり取りや先生とのやり取りについて、メールや電話で置き換えたり。それでもなかなか自分だけではそうもいかず、周りも同じような流れにならないと成り立たないのが難しいところ。

仕事でもこの類の悩みには悩まされた一年であったし、今年もそれは引き続く悩みなのかもしれないな。

 

そうそう、関連した話で行くと、意味のない信仰や迷信・習慣を捨てることも強く思っているところがあって、例えば六曜日(e.g. 祝の席は大安にするなど)や星座占いなんかも忌避していたりする。

なのに。そう、忌避しているのだけど、他方で面白いなと思って見てしまう側面もあるのがまた人情とも思う。知人に紹介されたサイトで、占いを生業にしている人が書いたものがある。

 

2017年の星占い

 

lineblog.me

1つ目のリンクはPCから見るにはいいかも。2つ目の方は携帯から見るのに良さそう。内容は同じ。

友人と楽しくこのページを読んだりして、夏頃には転機だぞ!なにか異変があるぞ!なんて言い合ったり。

これを読もうと読むまいと、人生に何ら影響はないし、信じようが信じまいが何も変わらない。ともすれば、百害あって一利なし。なのだけど、それでも一縷の望みや面白みを見出してこういうものを読むのもまた、いいのかもしれないな、なんて。

 

ここ数年好きな言葉に、「遊び」というのがある。これは、建築関連の言葉で、日常で使用する言葉とはニュアンスが少し違う。

ふすまの敷居なんかもその例になるかもしれない。ふすまの開け閉めのためだけならほぼ余裕をもたせる必要はないけれど、長く使用していればホコリやがたつきなどが原因で、当初と同じままの幅では動かなくなってしまうかもしれない。

それに対して予め、若干の余裕を持たせておくことで、ふすまや敷居に大掛かりな手を加えずともそのまま長く使える。

要するに、わかりやすく言えば、必要な無駄、といったところ。

 

そうした「遊び」をうまく持つためにどうするか、そういったことを考えながら仕事を含め、日々過ごしたい一年。昨年よりもいい年になりそうな気はしている。楽しく過ごしたいな。

 

まずはこの、仕事初めを迎えるまでの余暇を、存分に満喫するかな。

今日はここまで。それではまた。

Remove all ads