Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ソーシャルメディアアカウント整理

こんにちは。

年始ということで身の回りの整理をしていたのだけれど、不意に思い立って始めて、その結果が、旧ブログからの移動。

自分はIT技術屋なので、技術関連のソーシャルメディアアカウントももちろん持っている。具体例で言えば、Stack OverflowやQiita、GitHubあたり。それぞれ、特性が違うので使い道も異なる。このあたりと、所謂TwitterFacebook、それにこうして書いているブログをどう棲み分けるかというところで少しばかり悩んだ。

市場価値を高める

給金はそれなりであるものの、労働環境はあまり良くない。元々自分は次の3つが仕事を選ぶときには重要なんじゃないかと思ってた。

  • 労働内容(仕事の内容、やりたいことか、楽しいことか、身に付くことかなど)
  • 労働環境(職場はどうか、対人関係はどうか、休みは取れるか、労働時間はどれほどかなど)
  • 労働条件(給料はどうか、福利厚生はどうか)

自分としてはそれなりに気に入ってる。ただ、切り口それぞれが微妙に重なってしまっているなど、もう少し洗練の余地はありそう。それより、誰だかが言っていた次の3つ(内容はうろ覚え)の方が、多くの人には納得感がありそうとも思ってる。

  • 環境

これは、企業を成立させる要素としてよく言われる人・モノ・金・情報に寄せた感じかな。いずれにせよ、選ぶ基準として言っていることのニュアンスはどっちもそう遠くないと思う。

それで、この基準すべてを満たす職場というのはなかなか難しいけれど、2つが自身の期待値を満たせなくて、余所に移れば満たせそうな目処が立つなら転職はGOサインかなと思っていた。

ちょっと脱線したけど、要はこのままいると自身の市場価値の向上速度が低くなって、本格的に給料などに差が出てくる次の5年・10年・15年先を見たときに危険だと感じたから、転職準備をしようとしてる、ということ。

で、市場価値云々といったときに、どうしてもIT技術屋だと、今は技術系のソーシャルメディアアカウントは当然に転職活動(面接)時に相手に示すことも多く、むしろ示すことで信頼を勝ち取ることも多い。なので、それを示すための準備をする局面に来て、既存のアカウント類を整理する必要があると思ったわけ。

アカウントの使用目的で揺れる

実のところ、ブログだけは最後まで迷った。

技術系として提出する等々がちらつく可能性のある方面と、TwitterやBooklogのように個人的な内容をまとめる方面、これらについては、どちらかからどちらかにひも付けされにくいようにしてる。それはアカウント名であったりアイコンであったり使用するメールアドレスであったり。

ブログについては、時には技術的なことを、時には個人的なこと(楽しい旅行の話から会社の愚痴などまで)を書いている現状がある。もし見てもらうことを前提にするなら、ブログを複数運営するか、さもなければ、個人的なことについては上澄みの部分のみに限定したうえで技術的なことを中心に書く必要が出てくる。

自然な発信ができなくなることは結果として自身を縛ることになって何も発信できずに不満だけが残ることになりそうだったので、ブログについては見せる用途からは除くことにした。幸い、元々ブログから収益を得るような計画も特になく、主として自分の思考の整理や書き溜め、そこに、たまに人に役立ちたいという気まぐれを混ぜているような性質だったので、多分現時点ではこの選択が正しいのだろうなと。

(ちなみに、ちょっと前まではアカウントの一意性にこだわっていたこともあった。ただ、一意性を高めると、発信チャネルを広げられるものの、有事の際に火の手があちこちに上がるのは怖かった。特に、自分の場合、それほど発信することによって利益を獲得できる状況にはなかったので、リスクばかりが大きくなるのは得策ではないなということで、ここ数年徐々にアカウントのID等々は棲み分けを開始していた。)

技術的な細かい話

ここ数年内で簡単にブログを作れる仕組みができた。GitHubという、一般的な言葉で言うなら、IT技術者が各々公開し合い、またお互いコラボレーションやメンテナンスなどをし合っているような場所で。

実はこの仕組みに猛烈に惹かれていて、個人的なブログの存続をどうするか悩んだ。

何にそんなに惹かれるかというと、魅力がいくつかあって。例えば次の4つかな。

  • マークダウンで書ける
  • Gitで記事が管理できる
  • 簡単なプログラムを置いて自由に公開できる
  • その上広告もない

わかりやすく言えば、無料で自分のホームページみたいなものが持てて、且つそこに自分のこれまでの技術的な作品をブログと一緒に公開もできて、しかもそれが管理しやすい、と。

今どきのブログは、どこもExport機能があって、ブログの引っ越しはできる。ただ、ブログで書いた内容などを再利用(例えば、過去5年で自分はブログ内でどんな言葉を多く使用していたかを分析するとか)するには少し難しさがあるし、第一、このブログの運営元が急にバックレたらExportする間もなくデータは消えてしまう。

そういう些末な心配に追われなくていいのは魅力だったなあ。とはいえ、そこに書くとなると結局、転職活動時等々に見せることが前提になってしまうので苦しいし、かと言って複数アカウントを取得して使い分けるのも面倒だし、ということで諦めたのでした。

でも、はてなのExport機能もまあまあ悪くなかったかな。これまでの500エントリー近い量を1テキストファイルに出力してくれたので、例えばAuthorを一括で書き換えるのとか簡単に出来てよかった。ただ、なんだか画像のImportはちょっといまいちで。結局手動で対応したかな。 全部やるには面倒な量だったので、読了本まとめの2015年以前のものは画像の表示がない状態です。残念。

そういうわけで、整理活動の一環でこのブログと、それからTwitterはアイコンが、BooklogはアイコンとIDが変わってます。もしチェックしてくれている人がいればご注意を。

長くなったけれど今日はここまで。それでは。

Remove all ads