Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

今年はどんな年だったの

暖かい冬。今年はどんな年だったの〜不意に聞かれて言葉に詰まる時代だ〜、って好きなアーティストがよく歌っておりました。

時間の使い道が大きく変わった一年だった気がする。

前年の自分は、時間の使い先が「自分」「近しい友人ら」「特定の利害関係者(仕事とか)」とあったときに、8:1.5:0.5って感じだった。まず何よりも先に、自分。それがすべて終わってから、必要な仲間や家族、職場の同僚などに対して時間を割いていたような。

ところが今年は、6:3:1って感じだった気がする。少し大げさかもしれないけれど。今まで当たり前だった友人たちのもてなしに目を向けるようになったこと、地方に異動になって尚更彼らの存在の重要性を実感したこと、新しい職場で人と人とのつながりが如何に大事か目の当たりにしたこと、それらに起因して、もっとちゃんと人に時間を使わないといけない、と思ったんだろうな。あとは、直近でお付き合いしていた女性が傍目から見たら、1:6:3くらいの配分の人だったから、その影響もあったのかもしれないね。

来年は「良き隣人たれ」を標語に頑張ろうかな。合理性の追求から妥当性へのシフト。やっと舵が切れた。ちゃんと使い分けできるようになって、良き相談相手、良き仕事仲間、良きパートナー、良き...?その関係性のそれぞれにおいて、ちゃんとしているように「見せる」ことにもきちんと力を入れたいと思ったよ。そのためにも、もっと相手の話をちゃんと聞かないといけないな〜。

今年も一年間お疲れ様でした。また来年も、がんばろう。

おしまい。=^._.^=

Remove all ads