Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

恐れたものから逃れられず

年の瀬!

今年はなにがあったかしら。ざっくりと。

## 仕事
オーストラリアでの出張の残務処理から始まった年明け。そして春から新しい職場へ。平均的な労働時間が日当たり2時間増え、一日平均10.5時間程度に。
やめようと思ったのが3回、5・6・11月だったか。

仕事の内容、拘束時間、給料で考えて、同業種の他社への転職はありえないと考えた上で、異業種なら監査しか考えたくないというところでの選択だったな。


## お金
お金のことばかり考えることがますます強くなる年だった。お金に囚われたくないという思いが自らをお金に縛り付けるという皮肉な結果。
収入は給与収入で前年比10%増、それ以外にも金融収入もそれなりに入って、お金だけは心配いらず。

でも、他者から見てもそのように映る自分、を崩せなくて必要以上に誇示する傾向が強まっている。あれはホント良くないな〜。「お金持ちで、しかもお金持ちであるふうに話すから良くないと思う」とつい最近も友人に窘められた。いたく、正しい。

怖いんだろうな、もっと柔らかいところで勝負するのが。だから硬く勝てるところに出て戦う。大切なものを失う前に振る舞いは改めないと。

## 人間関係
帰りたいと思う。地元に。けれど、帰りたくないとも思う。

帰りたいのは、自分にとって大切な人たちは、地元にしかいないから。
帰りたくないのは、地元にはしがらみ(柵って書くんだね)がたくさんあって精神的なしんどさがあるから。

面倒なものから離れるため、というのも地方へ逃れた理由の一つ。様々な期待や思惑が降り掛かって重たかった。もちろん、ポジティブな理由で、挑戦したかった、というのも嘘ではないけど。

友人に言われた凄く響いた言葉。「あの人(学生時代に付き合っていた女性)と別れて以降の付き合い、相手ではなくて、条件を見ているよね」
的を得ていてずっしりと、重い。

水瓶を肩に抱えながら、泥沼へと一歩足を踏み入れてしまって、来年になってもどうしてるものか。


振り返ってみると、人間関係以外はうまくいっているような。
結婚願望は日々強まる一方で、地方にStayすることを決めてて、その側面から見ると逆行してる。どうするんだろうね。どこに行くやら。あはは。はあ。

そんな一年。友人には恵まれたな。いつもハッとさせてくれる彼らに感謝だ。
来年の抱負はまた別途。

そんな感じ。おしまい。=^._.^=

Remove all ads