働き感

ちゃお。

なんだか、最近、働くって...みたいなことを再び考えてる。
例えば、働いた時間だけの給料がもらえない(残業代でないとか)。
例えば、終電過ぎまでの残業も毎日のようにあるし、休日出勤も当たり前。
例えば、行きたくもない会社の付き合いごとに行かされる(そしてお金は出ない)。

そんなの、どこでも聞く話。
上の世代では当たり前、それどころか、
同世代でもそういう話はよく聞く。

で、今まで(そして今だって)
そんなのはおかしいだから、もらえていないお金は請求すべきだし、
行きたくないものは行きたくないといえばいいし、
しょうもない会社ならやめて次の会社を探せばいいじゃないか、って
そう思っていた。

けど、ふと思ったんだよね。
あれ...?自分の周りでそんなこと言ったりやったりしてる人、いないぞ、って。
まともな生活あっての仕事だと思ってる。今でも。
そして、雇用契約なのだから、その契約の範疇で働くし、
その契約外のことは、お金が出ないならやらない、とか、
そういう割り切りが当然だと思ってる。

思ってるけど、もしかして、それっておかしいのか?なんてね。
いや、おかしいことはないんだけど、
学者が掲げる机上の空論、じゃないけど、
そんなの現実的じゃない、っていうことなのかな、なんて考える。
だから、誰もそんなことをしない、のか?

自分のためならまだしも、会社のために
なんでそこまで捧げられるのかがわからないから辛い。
やめたら次がない、だからこれは自分のため、っていう理屈なのかな...
そんなに難しいものなのか...自分が甘く見積もりすぎているのかな、色々と。

働くとか、わからんわ〜って今更ながらなってる。
何も考えず、何も感じないように、ただ時間がすぎるのを待つような働き方が
精神的な安定を図るのにはもしかすると良いのかもしれないって、思ったよ。
それを実践するかは別として。

むしろ、そうやって生きてる人がたくさんいるからこそ、
波風を立てる、余計な口出しをする、そういう人が嫌われるのか...な?

なーんか、ちゃんと働いていられるか心配だよ、まったく。
生計を立てる、って難しいっすな。
お金いっぱい手に入れて、こんなこと考えずに過ごしたいよ、ははは。

おしまい。=^._.^=

Remove all ads