Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

vs 自分

はろー!

秋だ!むしろ、ちょっと冬だ!ってくらい、一気に寒くなったなあ。
我が家ではこたつが大活躍です。

 

ふとね、Twitterなんかを見ていると、お役立ち情報が流れてきたりする。
綺麗にまとまっていて、圧倒されるような。
そういうのを見ると時々、捉えどころのない不安を感じる。
他にも、技術力溢れる友人の話を見聞きした時だってそう。

何が不安なんだろうな〜とちょっと考えて、
そうか、こういう人たちがいたら自分はいらないという扱いになって仕事がなくなってしまう、
それが不安なんだな、と。そんで、仕事がなくなってお金が入らなくなって生活できなくなることが。

じゃあ、宝くじがあたりました!もうこれで不安ないかな、って思ったら、
多分、そうじゃない。
きっと、あるお金が騙されてなくなってしまうんじゃ...なんてやっぱり不安になる。

これは多分、じゃあ、そのお金をxx(なんでもいいけど信頼できそうな何か)が守ってくれて、
定期的に必要な分だけ用意してくれるから大丈夫、とか、もうどんな想定を置いたって、
きっと同じことなんだと思うんだ。

そう考えると、そうか、この不安て、具体的に何かに対するものじゃないんだな、
ただただ、不安なだけなんだ、って考えに行き着く。
そしたら、不安を原動力に動くのがいかに不毛なんだろう、って思えて、
常に不安なのが当たり前、だから不安なんてない、考えるだけ無駄、ということで、
そんなことより、やれることをやりましょう、って思うのがいいかな、なんて。

そもそも何がこういう不安な気持ちを作る根底にあるのか、
それを突き止めて解決したいけれど、それはまた別のお話。

 

ずっと、GoogleMicrosoftだったら、
Googleの方が優勢だったからってのもあって、
Microsoftを応援していた(昔から2位のものとか、1位ではないものを応援する傾向にある)のだけれど、
最近、Android端末との親和性も相まって、
徐々にマインドシェアがGoogleに移りつつあるなあって思う。

考えついでに、Google以外に、強く自分取り巻いているものはなんだろうな、って思ったら、
あとは、Amazon、か。
買い物するときにはなんでもAmazonだし、
それどころか、そこで買ったものを再度売る先もAmazon
本もデバイスもお酒もプレゼントも、あれもこれもそれも。

GoogleAmazonがなくなったら、自分の日常はどうなってしまうんだろう、
なーんて!この続きはまた今度。
そんな感じ〜
今日はこの辺で。

Bye.

Remove all ads