静岡のバイク乗り

 はろー!
なんか急に暑いね!
いつも通りの、ジャケット羽織って、ブーツ履いて、
な格好でいたら、周りから、見てるだけで暑いと、ブーイングが。笑
思い返せば、毎年季節感に欠けてる傾向にあるかも?

それはそうと、こないだの火曜日、
転勤で、静岡で頑張ってる友だちがこっちに一時的に帰ってきてた。
せっかくだから会おうよ、と声をかけてもらっていざ。
他にも数人声をかけたものの、火曜日だということもあって、
結局二人で会うことに。

ただ、行き先が、日吉にあるその彼の行きつけの(だった)Barだったので、
結果として二人だったのは正解だったかな。

お店で飲んだ、Jack Tarが忘れられない。おいしかったな、あれ。
ラムベースのお酒で、ピーチリキュールとライムジュースを使うんだったかな?
(ピーチリキュールのところはちょっと曖昧。)
「度数が高くて柑橘系の、下さい!」と言ったところ、出てきたお酒。
おいしかったなあ...。
こういう注文の仕方が出来るのが、Barの良いポイントだよね!
(ちなみに彼はマスカットリキュール×コーラの飲み物を飲んでた!
 ほとんどジュースですジュース!)

実はこれが俺の初Barでした。笑
やっぱり初めは緊張しちゃうね。
Barのマスターにそれとなく覚えてもらえるくらいの仲の良さ、
みたいな行きつけのBar、俺も掘り出したいな。

静岡の彼曰く、学生時代にふらっとあちこちBarを探していて、
お店の前で入るのを躊躇していたところ、
マスターから、あいてますよ、どうぞ。と言われたのがきっかけだったそう。
その頃彼も、Barはほとんど経験がなくて、
だから、その一言がなかったら立ち去っていたそうな。

ちなみに、いいお店を見つけるコツを聞いたら、
そんなものはない(笑)、と言っていたけど、
やっぱり、自分に合う/合わない、はあるって言ってたな。
だから、とりあえず入ってみて、気に入ったらそこに何度か足を運んでみるのがいい、
って感じ?
言われてみればそうだけど、勉強になるねw
いいお店を探すのではなくて、自分にとっていいお店を探す、って感じかな。

そんな彼は、学生時代から言っていたけど、
お店を開きたいみたい。
Bar、というよりは、小さなクラブハウス的なところ。

会計面で学生時代に修行を積んだ俺にも、
いつか加わってもらえたら、なんて話を当時からしていて。

で、実は俺は、その話を結構、実現するなら本当に力になりたいなあ、
なんて思っていたりする、というかそれを彼に伝えた。
喜んでたね。
「お前って、安全な道しか行かない、安定志向じゃん。びっくりした。嬉しいよ。」
ってさ。

まー好きな人(友だちなり家族なり恋人なり)のことを応援したいという気持ちは
強いからな。なんというか、人に求められたいみたいなところがある。
でも、利用されたくない、っても同時に思っているから、
自分が好きな人のこと以外は放っておくような感じよね。笑

ターゲットは28歳を迎える年だってさ。
ただ、いきなり彼に子どもが出来たり、状況はどうなるかわからないから、
100%とはいえないけど、って話は笑いながらして締めたよ。

忙しさを飼い慣らして、俺もそのターゲットに向けて
自分なりに努力していきたいね。
自分が何かをやりたいと言うよりは、こうやって何かをやりたいと思って
それに向かって動いてる人の側近でありたいんだよな~

28、か...どうなってるだろうか、その頃には。

今日はそんな感じ!
あー、Jack Tar飲みたい!!

Bye.
Remove all ads