Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

お墓参り

 はろー。
久しぶりにお墓参りに行って来ました。
先月に命日だったけれど、そのときは結局行かないことにしていた。
というのも、ちょっとお墓参りの意味がよくわからないなーってなっていたから。

もう死んでしまっている。
そういうものに執着する行為なんじゃないかなとか。
死んでいるのに生きているかのように、あの人に話したらこう言ってくれたから、
とかなんとか言って、そういうの、俺はなんか違うなと思ったから。

だけど結局今日、んー、行くか、ってなった。
なんでだろうなあ。
ただ、行ってみて思ったのは、死んだ人のことを思ったと言うより、
その人が死んだことによって自分に起きた変化、考えたこと、等々、
そういうことに思いを馳せる時間にできていたな、と。

なんであんなに結婚したかったのかな(またこの話です)、とかも、
お墓行く途中に思い当たって、
結局家族が欲しかったんだ、と。

それで、なんで家族欲しかったって、
そりゃ家族と呼べるような人がいなくて、
そういうものに寂しさや虚しさを覚えていたから
その隙間を埋めたかったんだな、と。

確かに、当時あの子のことは好きだったと思う。
ただ、結婚を急いだ理由の一部には確実に、こういった背景があったんだな、って。
だから、俺の事情を押し付けてしまっていたなあ、なんて。

そういう意味でさ、うまくいかなくてよかったな、って思う。
だって、もしうまくいっていたら、俺はこういったことも考えずにいたのだろうし。
自分の欲望を叶えたり、不満や不安を埋めるために、
そう言った目的のために人を使ってしまう、
そんな関係に、お互いに対する慈しみとか安心感とか信頼とか癒しとか、
そういうのってうまれにくいんじゃなかな、
もしくは、うまれてもすぐになくなってしまうんじゃないかなって。

そんなことを考える日曜日でした。
今日は、この後、当時のその彼女を紹介がてらおじさんたちと一緒に食事をした
お店でご飯を食べてきます。笑
これもなにかの縁、かな?

ふふ、今日はこの辺で。
Bye.
Remove all ads