今年の処し方決めました!

 はろー!
修了考査が無事終わって、凄く晴れ晴れした気持ちです:)
その勉強の間に、やりたいと思っていたこと、読みたいと思っていた本‥
そういうのが沢山待ち受けていて、もう今は毎日が幸せ!
明日も、明後日も、明明後日も、楽しみが待ってるなんて!!

修了考査自体は、結果として、合格の可能性は五分五分って感じ‥
それなりに力は出せたように思うけど、
そもそもの理解レベルがもしかしたら低かったかも。
なんにせよ5月頃まで結果はわからないけど!

過去問の傾向とは違う印象で、
それこそ凄く楽しかったのは、
監査の問題で、財務諸表が2年分、ポンッと出されて
分析的手続きの真似事をやらされた感じ。
数字の遷移等から、xx年度の監査上のリスクについて3つ述べよ、みたいな。

ああいうのって楽しいね、謎解きみたいで。
普通こっちがあがったら、あっちはこうなるはずなのに、どうしてこうなんだろう‥
とかとかとか。
とりあえず、果報は寝て待て、っすな。


それから、今年の処し方について。
友人から、今年の抱負はー?と聞かれていたし、
所属長からも、一年の計は元旦にあり、ですよ、といったメールをもらっていたりで
今年はどんな年にしようかというのを、持ちたかったんだよね。

それで、決めたのは次の2つ。
・認識を大事にする
・余裕を持って生きる

それぞれについて、
先ず、認識を大事にする、っていうのは、年末頃か、もう少し前くらいから
強く思うようになっていた、
事実がどうかではなくその事実をどう認識するかが大事、ということと関係してる。
もちろん、じゃあ、思い込みですべて解決するのかって言うと、
それはまるっきり別の話で。

もちろん、良い方向に認識を持っていくのは大事だとしても、
どうしたって、明らかに事実と異なる認識はできないわけで。
だから、解釈の余地のあるもの・ことについては、
できるだけ幸せを感じられるような認識を心がけて、
そうでないものについては、出来るだけ↑みたいな認識がしやすくなるような
事実に出来るように取り組もう、みたいな感じかな。
まだこの発想は、生み出して間もないからなんだか書いてても、
ふにゃふにゃしちゃってるけど‥‥でも、うん、そんな感じなんだよ!

それから、余裕を持って生きるっていうのは、
健康的に生きる、って意味ともほぼ同じような感じかな。
ストレスを感じてキリキリしちゃうような、そんな生活をやめましょう、みたいな。
そういう意味で、もう少しふわっふわした生き方というか、
どうでもいいじゃーん?って思える範囲を増やそうって。

もちろん、これまでも大事にしてきた、
The paradox of choiceじゃないけど、
期待値をコントロールすることも、そりゃあ、考えている。
だけど、それだけじゃなくて、
不測の事態に強くなる、って感じかな。
計画外のこと、想定外のことに、本当に弱くて、
予定通りに行かないと、ひどくストレスを感じる。
そういうのを、ちょっとでいいから減らそう、って。

で、この2つを達成することによって
自分の周りの人から見て、俺が幸せそうに見えたら嬉しいし、
周りをそんな俺が、ちょっとでも幸せにできたらいいな、なんて感じ!

ふふふ、なかなか、脳内お花畑じゃないけど、ゆるっゆるだよね。
でも、悪くないと思う。そうでしょう?

ちなみに、まるで自分に余裕がなくて、そばにいた人を
あまり幸せに出来なかったな、っていう去年の反省も含んでます(笑)

良い一年にするぞー!
年末には達成状況振り返るるる~

では、今日はこの辺で。
Bye.
Remove all ads