万事流転す

 はろー!
クリスマスイブ、クリスマス‥無事終了しましたね。
今年は、イブにサバゲー、クリスマスに友人らと牛タン、とまずまずの出来(笑)

クリスマスといえば、クリスマスプレゼント、家に届いてました。
送り主はなんと、高校の頃お世話になった可愛いおばあちゃん先生。
(とはいえ、まだまだとっても元気で若々しくて年齢を感じさせない先生だけど)

お手紙と一緒に、一冊の本が入ってました。
『知と愛』‥自分じゃ買わないタイプのもの(今読み進めてる)だったけど、
なんだか、期待というかわくわくというか、でも凄く静かな気持ちで読んでて楽しい。

このプレゼントをもらう1日前に、たまたまその先生から
卒業時にもらった手紙を読み返していて。
「論理だけではなく、たまには感性を大事にするのもいいものですよ」だったかな‥
これは今でも、何年もたった今でも、読み返す度に、グッと来るものがある。

そんな先生から、しかも手紙を読み返したタイミングでプレゼントが届くなんて
なんだかまるで奇跡みたいで、凄く嬉しかったなあ。
一冊の本で、これだけ人を喜ばせることが出来るなんて、素晴らしいことだよね。

先生の言葉の端々にはいつも優しさが感じられて、
断じるようには語らず、でも力強く、まるで宣告するかのようで‥
もしこの先生がどこかの宗教を強く信仰していたら
もしかしたら、自分も信仰を持っていたかもしれないなあ、なんて
それくらい影響力が強いものだったり。


それから、ふと今年を思い返して
それよりずっと前からのことも思い返して、
自分自身よりも、それに纏う防具を強くすることに
心血注いできていたんだな、ということに
なんとなく思い当たった。

高校の頃が、自分のある面、ターニングポイントというか、
重要なチェックポイントだったんだろうなあ。
そこで、元来の気質とは別の方向へと身を委ねていったような。

思うに、大学生活は、そのターニングポイントから先にのびたレールをなぞるように
身を守ることに一生懸命だったんだろうな、なんて。
そして今年は、一周回って、今度こそ、元の道に行こうとしてる感じ。
この数年で得たものの中でも一番大切なものを失って、
その代わりに、この数年の間ずっと失くしてた大切なものを取り戻したような。

きっと、これでよかったんだろうな、なんて思う。
これから先数年は、耐え忍ぶ冬であり、種を蒔いてじっくり収穫を待つ時期でもあり
少し辛抱が必要になるような、そんな気がする。
そんな中で、わからないけど、自分なりにやりたいように、やれるだけやってみて
何らかの形でそれらを収穫できたらいいのだけれど。

書きたいこと、ホントはもっといっぱいあって
頭の中に色々思いついていたんだけど、
今になって書こうと思ったら、なんかうまく出なくなっちゃった~
から、今日はこの辺で!ぐっない~

Bye.
Remove all ads