Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

my own life

 ちゃお!
9月最後のお休み~
今回は3連休じゃないんだねえ‥
遊ぶのも勉強するのも休むのも、ぜーんぶこなすなら
3連休くらいは欲しいもんだなあ;

それはそうと、昨日ちょっと話になったんだけど‥
家族と自分の人生について。

例えば親と暮らさなきゃいけない状況にある人って
そうでない人に比べてどうしたって不利だな、とか。
親が作った借金があって、その返済に親が喘いでいるとき、
(自分が借金の原因でなくても)自分もそれに対してお金出して
助けてあげなきゃな、とか思うのがまあ、普通の感覚かなって思う。

一方で、自分自身の人生を見つめたときに
例えばパートナーを見つけるとか、
子供のためにお金貯めるとか、
そういうことに対して不利な方向に働くんだよね、そういったものって。

そういうのも受け止めてくれる人を見つければいいし、
そういうのすら受け止められない人なんて無理だろ、
なんていう強い意見もありそうだけど、
実際は結構重要な要因だと思うんだよね。

確かに、好きな人が「結果的に」そういうふうになったら
仕方ないな、この人を自分は選んだのだから、
この人の苦労を私も一緒に請け負おう、ってなると思うし、
そうであってほしいんだけど‥

結婚相手の候補として付き合うか否かっていうのを
模索してるような段階でそういうことがわかったら、
自分自身の人生と照らして、少なくとも、前向きにというか
より一緒にいたいとは思わないよなって。

特に、社会人とかになると、相手を吟味するのにかけることの出来る時間も
相対的に減る傾向にあるし、
だからこそ、客観的な指標、つまり稼ぎとか家庭環境とか、
そういったものが重要性を増すように思うんだよね。

かといって、じゃあ、なにができるんだ、どうしたらいいんだ、
ってことになるんだけどさ。
自分の人生において、大きな障害となっている、しかし大事な人を
どう扱うのか、どう向き合っていくのかというか。

親ってなんだろうね。
親の言葉や、親にとってあってほしい子供の人生っていうのは、
本人からすれば、突き詰めればどうでもいいわけで。
でも、0か1かで切り離すなんて、生きてきた中の一定の割合を
その親と過ごしてきてる中で、
たとえどんな扱いをされていても、なかなか難しいと思うんだよね。

そうやって、捨てれないからって背負っていくものが増えていくんだなあ‥
分け合うことができない荷物を。

なんか取り留めもなく書いてしまったw
今日はこの辺で。夜からスカッシュ行ってきます~:)

Bye.
Remove all ads