Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

get back!

 ちゃお!
思ってた通りのこと、やっぱり起きちゃいました:(
それで、ここのところ、何度心暗いエントリを書こうと思ったことか。

たまたま時間がなかったりして、書くの先延ばしにしてて、
でも、今日こそ、あったことちゃんと残したいし、書こう!
って思っていたの。

そんな今日、暗い気持ちを切り替えることが出来て、
寧ろ暗いエントリを書けないくらいの、
そんな気持ちになったっていうね!

突然、やりたいことがあると言われて、
価値観が合わないこと、一緒にいたら甘えちゃうから一緒にいれないこと、
なにより、彼女のやりたいことにとって俺の存在が障害物になっていること、
そう言った理由から別れを告げられて。
それも、しばらく離れていて、やっと帰国してきたと思った直後にね。

だから、本当に、そう、ショックだったし、受け入れ難かった。
彼女の他に、もう誰も見れない、っても凄く思った。
それで必死で彼女に対してアプローチをかけたんだよね、
出来る限りの全ての手を尽くして。

それでもダメで、本当に、なんというか、
失意というか呆然と言うかで、
考えたくない、辛くなるから、ってな心境だった。


そんな状況下で、
先輩と一緒にご飯食べて、
それなりに話を聞いてもらった。
そんで、よくあるアドバイスをもらった。

「その人以外にもいる」
「女性から振った場合男性が追っても無駄」
「これを機に自分を変えたらいいと思う」

どれも正しくて、有り難いアドバイスで、
何一つ、俺自身が今抱えている問題を解決はしなかったけど、
でも有りがたかった。
直接助けられたんじゃあ、正直言って、ない。
けど、その話から、解決の糸口を掴んだのは間違いない、って思ってる。

そういう話を受けた帰り道に、不意に
彼女に、「花火に行こう」と約束していた話を思い出したんだ。
俺達、約束したから花火だって行くじゃない、彼氏彼女の関係でなくなっても。
実質何も変わらないんだから、別れなくてもいいじゃない。
そんなことを確か、俺は言ったのかな。

それに対して彼女は、
「じゃあ、別に行かなくてもいいんだよ?」って言ったんだ。

それを思い出したの。
言われたときは、悲しいって意味でひどいって思った。
けど、その帰り道には、その時とは全く違うことを思ったんだ。

ああ、俺、こうやって立場があたかも上からかのように
言われるような関係性の中で、この人とは付き合いたくないな、って。

確かに、今でも好き。
あの笑顔、忘れられないなって思う。
仕草も、声も、全部好き。

だけど、今のその相手とは一緒にいたくないな、って
そう思った。そう思えた。

その瞬間、すっごく気持ちが軽くなったのを感じたんだ。
どうしてもその人がいい、って執着することで重くなってた
自分の気持ちが、ふわって。

次の人探すとか、そういうのはあんまりまだ考えてないけど
機会があればそれもいいな、って思えるようにもなってるし。
勿論、いずれ彼女が変わって、そのときにタイミングがあえば
また彼女と一緒になることも、素敵な話だなっては思うけどね!

そんなこんなだから、復活。
自分を取り戻した、そんな意義のある一日でした!

先輩は、
「もし今日ので元気になったとしても、勿論また落ち込むこともあると思うよ」
って言っていたし、
俺もそう思う。

けど、心が軽くなったから、もう、大丈夫。
明日からも頑張れる!

梅雨明け、かな?短い梅雨だったけど。
あーした、てんきになーれ!ってな感じ:)

今日はそんなところ。
明日で一先ず研修は終了して、遂に現場へ配属!
楽しみ半分、不安半分‥うまくやれるといいけれど。

ではでは。
Bye.
Remove all ads