社会人生活を1週間終えて

 はろー!
長い一週間の社会人生活を終えて、待ちに待った休日を堪能してるよ~

同期との付き合い方、先輩との付き合い方、課題への対処の仕方、and so on...
考えなくちゃいけないことも多くて。

結局現状は、なるようになる、というか、
まさに今まで通りで‥
淡々と仕事をこなすだけ、って感じで。
そうなれば当然、同期でも仲良くなれる人数は限られてきて。

その辺が難しいなーって思う!
くだらないんだけど、大学生活となーんも変わらないのが最初。
ずっと付き合っていくつもりもない人だって多いはずなのに、
精一杯愛想ふりまいて、とりあえず仲良くしておく。
そうすることで、一先ず安心感を得る、というか。

そういうの、俺は好きじゃないし、ストレスに感じるから
避けているんだけど、そうなるとなかなか、ね。

あとは、英語!
会社が会社だから、っていうのもあるけど、
英語できる人が割といて。
特に留学生と長期留学に行った日本人は強いね。
単純に尊敬、かな。

ただ、一つ不満なのは、
話すスピード。
多分彼らの英語もまだ完全じゃないんだろうね。
自分のスピードで話すのが精一杯なのはわかる。
けど、もっとゆっくり話したら?っていう。

具体的には、全体で集まっているときのQAセッション。
ゲストとなっている役員たちは誰もみな、
英語に不慣れな人の為に考慮してか、
ゆっくりと聞き取りやすいように話してくれる。
それに対して質問者側である彼らは、マシンガンのようにまくし立てて話す。

その役員と2人で話すならそれでもいいかもしれないけれど、
これはあくまで全体向けのセッションなわけで。
周りが出来ないかもしれないことを分かっているはずなのだから、
そこは考慮すべきだよな、なんて。

日本語だけでうまくやってこれる国で育って、英語を急に必要とされて
それでネイティブライクなスピードで、なんてちゃんちゃらおかしいと思うんだ。
日本人(英語不慣れ)側は低レベルでも英語を使うという歩み寄り、
英語を話せる側は相手に合わせてゆっくり話す歩み寄り。
双方が歩み寄るのが大事なんじゃないのかな。

出来る人は往々にしてそうだけど、
想像力が足りてないなーなんて。

ちなみに、これに関連して
英語を得意としてない人向けに
ゆっくり話す英語を奨励してる本を最近読んだよ!
実践的だし、納得のいく内容だったな~:)
(イケダハヤトさんも紹介してたような。)
関心があれば、参考までに!

Bye.


Remove all ads