Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

what's for?

 ちゃお!
春らしくなってきたねー。
やっと過ごしやすい季節になる‥花粉で逆に大変になる人も多いみたいだけど!

ここのところ、引っ掛かる言葉があったので雑記。
思い出話で終始盛り上がったプチ同窓会の帰り道の友人の言葉。
「昔の思い出話ってなんの意味もないけど、たまにはいいよね」
正確な言葉は覚えてなくて、生産性がない、だったかもしれないけれど、
だいたい同じようなことを言っていて。

それとは別件で、スマホのゲームを批判してる友人の言葉。
「あんなの何が楽しいのかわからない。やってもなんの意味もないじゃん」

立て続けに同じようなことを聞いて、なんだろう、胸がざわついた。
自分の中では2つの考えが沸き起こった。

「確かに無意味だ、無駄だ、あってもいいけど極力減らすべきだよね」
「そもそも意味を求めてるのか?全てに意味があるわけじゃないし‥」

昔、自分自身、この有意味性については凄く考えた。
それで、ゲームは無駄だからやめようと思ったし、
目的のない飲み会にも参加しないようにした。
その分の時間を勉強に充てたし、それが結果的にいい方向に働いたとも思う。

だから、気持ちを浮上させる為の手段以上の意味を持ち合わせてない、
件の同窓会とか、件のスマホのゲームとかをやるより、
もっとタメになる他のことを模索した方がいいよな、って思う。

だけど、この「意味を求めることの意味」はなんだろう。
生産性、って?
何を俺達は生産してるんだろう‥
有意味性とか、生産性について考えることって
結局、何の為に生きてるのか、と共通してる気がする。

所謂、上にあるような無駄な、無意味なことに費やす時間を
もっと意味のある時間に、役に立つようなことのための時間に、
直接的に言えば、お金になるようなことのために費やすべきってことなんだと思う。
お金は、確かに大事だ。

そしたら後は、どこまでその意味を追求、
つまりお金を稼ぐことに集中すべきなんだろう。
どれくらい稼げば十分なのか。
意味のあることを追求すると、大体気持ちが疲弊することが多いような。
勿論、うだうだしてるだけの飲み会に行くのではなく、
本当に自分がやりたいと思っていること、というのを見つめ直して
それに時間を充てることは素敵なことだと思うしそうあるべきだと思うんだけど。

‥考えがまとまらないからこの辺にしとこうかな。
やっぱり要は「理想的中庸」が大事なんだろうな。
極端にどちらかを追求するのではなく、バランスを取るというか。
まだまだ検討の余地は有りそうね。

Bye.
Remove all ads