求めすぎることの愚かさよ

 ちゃお!
最近メールをしてる友達も、ついに俺が良く文頭に「ちゃお!」って使うからか、
同じように返してくるようになったよ:)
なんだか小さな変化だけど、何となく嬉しいね!

今さっきステーキガスト(*)に行ってきました;)
そしたら、そこで一緒に行った人たちがもう、食べる食べる。
仕舞いには、もう食べ過ぎてお腹が痛いだのなんだのでトイレに籠る始末‥^^;
*ステーキ系の料理のガストでサラダ・フルーツ・パン・カレーのバイキングも置いている

俺の好きな諺(ことわざ)の一つに「過ぎたるは及ばざるが如し」というのがあるのだけれど、
これはまさにそれだと思ったね。
最近は必要以上に求めることをする行為に対して凄く嫌悪感を抱いていて‥
だから、なんというか、残念だな、って感じてしまったなあ。
元を取らなくちゃ、みたいなことを再三に渡って言っていたし‥意地汚いというかなんというか。

ある程度お金にはうるさくありたいし、財布のひもは固い人間でありたいと思っているけど‥
だからといって、ああはなりたくないというか、ね。
言葉で明確に定義分けするのは今は面倒だから避けるけど、
これがケチと節約の違いと言うところか、なんて思った。
彼らはお金持ちだけれど、心はそれほど豊かではないのかもしれないなあ、なんて。

それと同時に、うまいうまいって言って、お腹いっぱいと言いつつもおかわりしては食べる姿を見て、『千と千尋の神隠し』が鮮明に頭に浮かんだなあ。
(と書いていたらあの映画が観たくなってきちゃった!借りに行こうかな‥)

勿論、これらのことは一切本人たちには伝えていないし、これからも一生伝えるつもりはないのだけれど。
食事に限らず、もう少し食べたいな、って思えるくらいで止めるのが、一番満足度が高いんじゃないかな?
これからも、必要な時に、必要なものを、必要なだけ、そういう価値観でありたいもんだね。いくつになっても、どんな生活状況であっても、さ。

よし!やるだけ!
Bye.
Remove all ads