Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

虚栄の、虚空の、偽りの

 はろー。
今日はOB会でした。まさかの終電で帰宅。危なかったなあ。

OB会の中で先輩や同期、後輩と話すことを通じて、他者から見た自分について考えているのが今。
多少俺を知っている、程度の関係性の人は、
(当然のことながら)形式的な俺のスペック、つまり、資格や会話、それから周りの人の評価等を基準にして、俺のことを判断する。

その判断によって生まれた「俺」像は一体誰なんだろう。
真面目で、勉強大好きで、努力家で、頭が良くて‥。
それは一体、誰の話をしているのか。

いや、確かに俺なんだろうな。
わかってるし、その判断されている内容の一部が、まさに自分自身に該当することもわかる。
だけど、なにかが。

外から見えるその人の像は、確かにその人の一部を構成しているけど、
やっぱり本気で覗こうと思わなければ見えないんだろうなって思ったよ。
そして、それを誰かに覗いてほしいのだということも。
わかってほしいんだろうな、って。

わかってもらいたいなら、自分からそういった態度を示す必要があるのにね。
なのに、そんな態度を示さないまま誰かにわかってもらいたがってる。なんだかなあ。

なにが引き金になったのかわからないけど、
久しぶりに少し鬱屈な気分になってしまった。
早く、休もう。

Bye.
Remove all ads