FF5やったよー(多少のネタバレ有)

 15時間くらいぶっつづけでゲームやって目が痛いです、こんばんは。笑
きちんと赤魔道士が活躍するFFをやりたくて(経緯はいずれw)、結果FF5を購入したのがこないだ!
それから徐々に進めて、昨日の夜から一気にクリアへ。w

というのも、なんだか、飽きちゃって(笑)
ざっくりと自分用にまとめますー。

総評:面白いけど、長い‥。

やり始めは本当に、久しぶりにグラフィックに過度に頼らずにプログラミングの技を駆使したあの懐かしのゲーム感に感動してた!
音も、キャラクタの動きも、ストーリもよくあるやつだけど、楽しいなって思えたかな。
その最初の感動の惰性であとはやっていった感じ。

俺はゲーム進めるの遅い方(攻略サイトとかも見ないしw)なんだけど、それで大体40時間弱。
今だと、1周にこれだけかかるゲームも少ない気が。
イメージだけど、最近のは大体20~30時間で終わる(一先ずでもエンディングが見れる)ような気がするんだよね。
ただでさえちょっと長めなのに、ストーリとかは割とありきたりなというか典型的なやつだった、ということもあって、飽きちゃったのかな、なんて。

これが20年近く前に出されたゲームだと思うと凄いなって感心しちゃうけどw
確かにそれは、「超大作」って枕詞もついて然るべきだなって感じた。

終わった今となっては、いつかのクロノトリガーのようにまたやりたいっては感じないな‥ホント、疲れたって気持ちが強い。
とはいえ!凄いな、って思った部分も2ヵ所あって!!(しかも、どっちも同じキャラクタが関わってる)

一つは、そのキャラクタとあるボスキャラを戦わせるシーンがあるんだけど‥HPが0になっても不屈の魂的なので死なずに攻撃をし続ける、っていう演出をしてるの!
戦闘シーン以外でアニメーションとかを使って、っていうのはよくあるから驚かないけど、普通の戦闘画面で、HPが0になりながら敵に攻撃を加えて、遂には敵を倒す、なんて‥‥
もう、見ていて辛いんだけど、頑張れよ、凄い凄い、って気持ちになって‥

今だったら、綺麗なグラフィックが必ずと言っていいほどつくから、逆に、死んだら死んだなーって思っちゃうし、そこから立ち上がったら、え?って気持ちになる。
そういう意味で、ドット絵は空想に引き込む力があるのかな、なんて同時に思ってしまったww

もう一つは、今のシーンに関連して、その戦闘後、当該キャラクタは死んじゃうんだ。
実はストーリ全体半分近くまでを一緒に歩んできた、付き合いの長い仲間なのに‥!
死ぬ人とかパーティから別れる人って、割と早くか、もしくは最後の最後でいなくなると思うんだ。だから、画面上で本当に死んだことになった時には正直驚いた。

勿論これには裏があって、その後、これまでそのキャラクタが蓄えていたスキルとかを引き継ぐイベントがある(木の枝が降ってきて触ったら継承wこういうのが出来るのもドット絵ならではww)から、実質的にそう大きくは変わらないんだけど‥。
普段慣れてる形じゃないゲームに触れることが出来る機会、最近は激減してる気がする。

どれもこれも結局大体似たり寄ったりで。
そういう意味で、そんな貴重な体験を提供してくれたっていうのはなんだか嬉しくなっちゃうね。笑

2回はやりたくないけど、やってよかったとは思える内容でした!

さー、ゲームのやり過ぎで寝不足+目が痛い(しかも腫れてる‥?)からこの辺にして休みますw
明日からは気を取り直して、また勉強やら卒論やら頑張るよん!

よし!やるだけ!
Bye.
Remove all ads