day5 - 変わらぬparsonality

今、卒業式の後のdrinking party中です。

ビールは早々に売り切れて、今はもうウォッカとジンしかない。

そんな中、俺は友達と共に抜けてきたという。

こっちに来て、自分が如何に人と違うかを再認識しています。

一緒に抜けた友達と俺はまさにそうなんだけど、まさに今のdrinking partyのような場、

もっと具体的に言えば、不特定多数の人と交流がある場って、苦手。

無理をすれば確かに出来る、けど、わざわざ無理をしてまでしたい、とは思わない。

だから、だからこそ人と仲良く出来ないと言うか。

だから、みんなすごいなって思う。

なんであんなに、いろんな人と仲良くしようっって思えるのかな、って。

いや、もしかしたら、彼らの中には無理をしている人もいるのかもしれないけれど。

それでも、もう少し無理をしないでいる人がいてもいいんじゃないかな、なんて。

それこそ、入る予定の会社の内定者同士での集まりも同じ。

なんだろう、みんな、凄いよ。

というか、自分のpersonalityが時代にマッチしていない感が凄く強い。

なんだろうなあ。参っちゃうよ。

なんて言ってるけど、まだday5なんだよね:(

どうしたものか。一先ず、やるしかないんだけれども。

よし!やるだけ!

Bye.

Remove all ads