Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

振り返らずに行く

 Ciao!
8月もあっという間に3分の2‥早いね、びっくりするくらい。
今月はほとんど本を読まず、卒論とゼミ合宿のことばっかりやっていたなあ!
それと、約2日&6万円かけて模様替え(?)しました(笑)

ついこないだ、服にカビが発生していることを発見したのが発端。
1着どころか、持っている服の3分の1がやられていて。
これには本当にもう、意気消沈しました。そして、引っ越したくなった‥。笑

ただ、同居人がいることや、その他諸般の事情で引っ越しは出来そうになかったので、「劇的ビフォーアフター(笑)」に取り組むことに。
同時に、ダニや埃の問題も発生していたので‥

1.カーペットを通気性の良いものに(ダニ・カビ)
2.衣装ケースの配置を押し入れから部屋内に(カビ)
3.ベッドを折り畳み式にし必要に応じて掃除が出来るように(ダニ)
4.机をなくすとともに衣装ケースを移動させ日光と風通しが良くなるように(カビ)
5.除湿乾燥機(4万円!詳細は下記に)を購入(カビ)
6.随所に除湿剤を設置(カビ)
7.衣装ケースの下に簀子(すのこ)を敷いて風通しが良くなるように(カビ)

と、このような対策をとりました(笑)
おかげでかわからないけど、窓を開けていると(除湿機はつけてない)、湿度が60%台、凄いときには50%台まで下がるように!(普段は70%超です)
Amazonのコメントで見かけたのが、沖縄なんかは関東と比べ物にならないくらいずっとじめじめしているから除湿機で助かっている、というもの。
多分、沖縄だろうと関東だろうと場所に因るんだろうけど‥我が家なんかはそれこそ、どちらかというと沖縄的というか物凄くジメジメしてる感じかも。

将来の家選びの際には、日当たり、風通し、かなり重視することになりそうです(笑)

今日はそんなところかな!
ゼミ合宿、考査、留学‥今週から怒涛の忙しさになりそう‥頑張ります。

よし!やるだけ!
Bye.


※購入した除湿機はこれ(Panasonic ハイブリッド方式除湿乾燥機 シルバー F-YHHX120-S)
一つ型落ちのこれ(同上 ホワイト F-WHG100-W)でもよかったんだけど、値段が大きく変わらないのと、乾燥機の機能が買ったやつの方が良いみたいだったので!

ちなみに、除湿機の値段の決め手になっているのがその除湿方式。
ハイブリッド方式の他に、コンプレッサ、デシカントがあるみたい。
それぞれ特徴があって、AllAboutの記事によれば
コンプレッサは高温時の除湿効果大、消費電力小さい、室内温度上昇小さい、うるさい、
デシカントは低温時の除湿効果大(&一年中一定の除湿効果)、静か、消費電力大きい、室内温度上昇大きい、
とのこと。

そして、肝心のハイブリッドはコンプレッサとデシカントを複合的に使って短所を補ったタイプらしい。
我が家のように、じめじめした場所にある家の場合には、通年で除湿をすると思うから、ともすると、コンプレッサ、デシカントを1台ずつ買うより、やっぱりハイブリッドがいいよな、なんて!

ちなみに、地元のヤマダ電機に行って念のため見てみたところ、5万9千円で同じものが売っていて、もうなんだかびっくり。
そこのお店だけかもしれないけれど、コンプレッサとデシカントのものばかり置いてあって、ハイブリッドは最新のものしか置いてなく、型落ちすら置いてないというびっくりな状態。
そういう意味では数日待つ必要があるとしても、Amazonで購入するといいかもしれないですねー。
Remove all ads