ストーリとしての

 ちわ。
最近週末に更新することが多いみたいですね。意識していないのだけれど!

昨日はゼミの決起会でした。
こんな意識でやってるよ、
これからこういう風にしたいと思っているよ、
君たち(つまり後輩)はどう?

みたいな話を滔々と。
実は、一緒にやっているゼミの今期に入った子たちが
やる気漲る(みなぎる)感じで、
しかも、既に一部の人については
資料作成やらプレゼンの能力も相当程度高い水準で。

ゼミ同士で勝ち負けなんてないけれど、
どうせ一緒にやるのだから、
その相手に明らかに劣るのは嫌だし、出来ることなら
自分たちが相手を圧倒するくらいの方が気持ちがいいと思うんだ。

だから、その為にも、後輩たちにも頑張ってほしくてね。
ただ、昨日のことを振り返ると、下手糞だな、って少し悔しい気持ちになる。
人が動く時がどんな時か、というのに明確なものはないと思うけど、
少なくとも、ストーリが明瞭簡潔で心打つものであれば
インパクトを与えられると思うんだ。

話したいことはメモしていたんだけど、
それをどういう順番でどのように話すか、
構築していなかった。
だから、なんだかモジュールだけぽいぽい投げつけたような感じで、
話に一貫性がないように思われたんじゃないかな、って。

話をしていて、自分で途中、それに気づいたんだけど
そこから急にそれを作り出すほどの機転の良さは持ち合わせていなかったから
情熱で無理くりに押し切った感じ。
我ながら、情けない。

書きたいことは他にもいっぱいあったはずなのに、
いつも言葉にならないな‥思った時に掴まえないと
次の瞬間には逃げてしまうものなのね。


ある人が、コミュニケーションの定義を
人に伝えたいことを伝えて意図した行動をとらせること
って言っていた覚えがある。
行動に繋がらないコミュニケーションは無意味とも、ね。

伝えたいことは伝えたけれど、
行動まで繋げられたかはわからない。
後手後手になるかもしれないけれど、
善処して、ゼミを盛り上げたいですね。

よし!やるだけ!
Remove all ads