uniqueということ

 先日、アドレス変えました。
webメールを主として使ってるから、
そこからアド変を送るんだけど‥
PCメールを拒否している人やspamフィルタをONにしてる人へのメールは
返ってきちゃうことが多くて。
アドレス変えるだけで3時間近くかかりました。

そこまでして、なんでアドレスを変えるのか、
勿論、理由はある。

前に、twitterから始まった炎上の話をしたの、
覚えているかな?
実はあれに関連する。
言ってみればちょっとした自己防衛。

今って、色んなサイトに登録をするが故に
IDが凄く沢山になってしまって、管理が面倒。
だから、聡明な人ほどIDを統一して、
自己同一性を確保しようとする気がするんだ。

そういう人は、例えばtwitterだけに限らず
アドレスとかにもIDを使ってたりするとも思う。
いわば名前の様なものとして。

凄く、いいとは思うんだ。
だから、事実僕自身もそうしてた。
ただ、そうやってどんどんとunique、つまり
一意に特定できる状態に近づけると言うことは
何かネガティブな状況に巻き込まれた時に凄くリスクがあると思ってね。

例えば、自分がtwitter上で炎上し得るような何かをしてしまうとする。
すると、過去の全てのtweetとニックネームとIDが晒される。

もし、自分が限られた情報の中で相手のことをもっと知ろうとしたら
何をするか。
当然に、過去のtweetから情報を得たり
ニックネームで検索したりする。

ちょっと本気の人は、
主要なメールサービスかなんかに
IDを入れて、総当たりで攻撃を仕掛けるかもしれない。
考えすぎ‥なんかじゃないと思う。本当に、誰にとっても起き得ることだから。

もう少し身近に考えたら、
自分の苦手とする同僚や上司でさえ
アドレスや名前は当然にばれることが多い。

もし、彼らが自分を攻撃対象にしようとしたら?
ゴシップを持ってくるはずで、
隠してることを掘り出してはばらまく、
なんて当然。

だとしたら、知ってる情報から、
つまり、アドレスの前部分から検索をかけたり
本名で検索したり。

俺にとって、よりプライベートな順に考えていくと
ひとりごと>blog>mixi>twitter>FaceBookなんだ。
与えられる情報が多くなればなるほど、
隠れてる部分についての推論も効きやすい。

前まではmixiで本名登録してたけど、
この理屈で言えば、FBが割れれば同時にmixiが割れる。
で、mixiに登録してる表示名がわかれば
blogとtwitterが割れる。
blogが割れるとひとりごとが割れる。

こんな風に、一つがわかったらあちこちが全てわかってしまう状況に合ったのね。
ちなみに、アドレスから検索されたらtwitterが割れて、
そこからmixi、後は同じ流れ。

だから、今はその連携を解いた。
これは、勿論相手が限られた情報下にいることを前提としていて
だから、自分を攻撃したり、若しくは監視しようとする側が
実は知り合いで、とかなってくると
結局何の意味もないのだけれど。

それでもいいことが二つあって、
一つは一定程度、攻撃する側に面倒をかけさせられると言うこと。
もう一つは、実際に攻撃あった場合(炎上して2chとかに晒された場合)に
潰さなきゃいけないアカウントが少な目で済むと言うこと。

とはいえ、当然に悪いこともある。
例えば、今僕はこうして何かを打って、
自分自身の整理をしているけれど、それと同時に
誰かに対して発信をしているんだよね。

つまり、誰か見る側にいることが前提にあるわけ。少なからず。
そうしたら、セキュリティ強化を銘打って
アカウントの分離をしたら先ず管理が大変、
そして、そもそも誰にも気づかれない。
それこそ本末転倒。

なんとかギリギリのところでバランスを取っている、
そんな感じなのかな、なんて。

企業のセキュリティも、今は凄く強く騒がれているけど
それに対する考え方はどちらにせよ
そう大きく変わるものじゃない気がするんだよね。
本来の目的を達成させた上でどうするか、ということ。

長々と語ってしまったけど、
そういうわけでアドレス変えました(笑)

こうやってね、自分が書きたいことを
好きなように書ける場所、
それでいて少ないとしても誰かがそれを見て
共有してくれる場所、
それって凄く大事だと思うな。

少なくとも、mixi,twitter,facebook
そういう場じゃないよ!
僕にとってはw

そういう感じ。
みんなも、セキュリティ気を付けてね。
下手したら、家まで誰か来たり
家族や友達にまで迷惑かかることもあるから、さ。

ん、ではでは!
Remove all ads