会計士と税理士の役割

 ふと、思った。
もしも会社内で使うなら、
会計基準に詳しくて財務諸表を綺麗に見せれる会計士より、
税法に詳しくて節税できる税理士の方がいいよな、って。

どっちにせよ、所謂グレーゾーン、
基準の判断が怪しいようなギリギリの線を突いて
仕事をするはずなんだ。

そのおかげで、会計士だったらきっと利益を大きくできるだろうね。
税理士だったら、損金(益金)を大きく(少なく)計上したり、
租措法をうまく活かしたりして、節税できるだろうね。

財務制限条項なんかが付されてたら、会計士による微調整が
とっても大きな影響を及ぼすだろうけど、
それ以外のことを考えると、
大企業になればなるほど節税できる金額が大きいだろうし、
中小だったら、そもそも財務諸表が必要となってくる場面て
有事のときだけだろうしな。
そしたら、税理士使いたくなるよね、きっと。

それに、会計士や税理士本人について考えても、
税理士の方が、より仕事以外の場面でも使えることが多い気がする。

特に中小企業相手に商売している税理士さんなんかは、
所得税法相続税法なんかが凄く大事になってくるだろうし‥
ともなれば、それを勉強すれば自分や家族とかの相談にも載れるよね。

それに対して会計士は‥どうかな。
確かに、会計処理の判断に困ったときには凄く必要とされるだろうけど、
私生活には、会社を興すことでもない限り影響しにくいだろうなあ。

なんだか、道の選択を誤ってないのか心配。
監査法人に勤めたって、そこで骨を埋める(うずめる)人なんて
そうそういない。

どっかのタイミングで起業したり、監査で関わった企業のサポートに入る。
その企業とかサポートのタイミングで、
即座に役に立つ、使えるのは、税法だよなあって。

もちろん、税法は毎年毎年改正があって
過去の判例も沢山だし、裁判になっちゃったら大抵税務署が勝っちゃうし、
そういう意味では大変なんだけど。


会社内じゃなくて、社会的な方で考えると、
ここは五分五分か、ちょっと会計士の方が需要大きいのかな。

監査がなかったら、株式市場は大変なことになるだろう。
だから、そういう意味で会計士は必要。
一方で、税理士は税務署勤務とかってことになるね。
マルサじゃないけど、本当に怪しいときには
大胆にメスを入れて摘発したりするけど、
普段は沢山の申告書類に目を通してチェックする日々‥。
仕事内容的にも社会的な方では会計士の方がまだ楽しそう、かな。

こういうこと考えてると、
税理士登録に、会計士は法人税法or所得税法の合格を必要とする、
って要件を加えたがる税理士会連合会の言い分もわかる気がするし、
それに断固反対とする会計士協会の言い分もわかる気がする。

これから、どうなるのかなあ。
仕事って難しい。
それに考えてもわからないことばかりだし、誰も教えてくれないし、
どこにも書いてないし。

そんな感じでした、ちゃんちゃん。
おぴまい!
Remove all ads