Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

若かりし日の話

誇張

学生の頃

何年も何年も昔の話。学生だった頃。それは卒業論文の発表会。

聴講者としてその場にいた。自分だけは特別に招待されていた。だから、なにか自分が特別なんだという思いに拍車がかかったのだと思う。

周りと同じようにただ聴講しているだけだったら、それは周りにいる大多数と同じ。そういう意識があった。

だからあの時、論文の発表内容に、小さな穴、本筋には関係ない、小さな小さな歪みを見つけて、質問の時間にこれみよがしに指摘した。相手が回答に窮したところをさらに突いた。

勝ち誇った気分だった。でも、後味は悪かった。自分は正しいことをしたのになあ、なんでだろう、と。そういえばそれについて、近くで聞いていた教授に怒られることも特になかった。

社会人の話

何年も昔の話。社会人になったばかりの頃。それはコンサルテーション、要は提案活動の研修の発表会。

聴講者としてその場にいた。会社の社長という気持ちで話を聞くように、という役割設定だった。

一斉棚卸しに時間がかかりすぎるので、循環棚卸しを取り入れることによって業務を改善するという提案。

罠を仕掛けていた猟師の気分だった。ふふふ、まんまとかかったな、と。循環棚卸しは、監査上、実在性や評価の妥当性にリスクがあるから許されないんだ、今回の設定は上場企業だったはず、これでは通らないぞ、なんて思ったんだったかな。

颯爽と、そして社長風に、その内容を指摘した。ちなみに、監査のかの字も知らないし仕事に関係もほとんどない職場。なんとも言えない沈黙が流れた。まったく、変わっていなかったね。

もちろん、誰にも怒られることはなかったよ。

大きく見せたいのは不安だからか

歳を経ると、自分が実態よりも大きく評価されることは、自分にとってリスクだと気付く。もちろん、チャンスも含まれるんだけど、でも、懸念点が多いから、事情がない限りは避けるのが平均的で安定的な振る舞い。

後味の悪い思いをしても、同じことを繰り返して、自分を大きく見せようとして、結果的に自身の価値を貶めている、というのは残念だなと、今でも思い出すたびにくらくらする。

人より早く、頭一つでも飛び抜けたくて、そんなふうに振舞っていたのかなと思う。やってることは逆なんだけどね〜。

プラスのフィードバック、マイナスのフィードバック。適したタイミングと伝え方はちゃんとある。

卒業論文の発表会のお知らせ。OB/OGのみなさま、ぜひお越しください。

次に行くときは、後味悪くならないように、気持ちよく追われるように、良いフィードバックができるだろうか。こうやって、過去を取り返すしかないんだね。

突然来た招待に、気持ちを引っ張られた夜でした。今日はここまで。おしまい。

Remove all ads

検索エンジンをDuckDuckGoにした

  • 1/26 23:50追記あり:モバイル向けFirefoxに関する記述を修正

検索エンジンブラウザー

つい最近、Firefoxで有名なMozillaThe Internet Health Report – What’s helping (and what’s hurting) our largest shared global resourceという、レポートを公表した。

所謂Digital Devideの進み具合とか、国ごとのインターネットや情報セキュリティへの取り組み具合、そしてブラウザのシェアなどが、文字とグラフで書かれてる。下に貼っているのは、レポート内の検索エンジンのシェアとブラウザーのシェア。

違いがイメージしにくい人のために言うならば、あなた <-> ブラウザー <-> 検索エンジンという関係になっていて、例えば、今このブログを読んでいるその画面はブラウザーで、ブラウザーの上の方にある箱に「ブラウザー 検索エンジン 違い」とか入れて検索結果が出てくるときのその結果を出してくるのが検索エンジンブラウザーはその検索エンジンが出した結果を表示しているという感じ。

検索エンジンのシェア

これは検索エンジンのシェア。パソコンと携帯では状況が違うので別々に書かれてる。でも、圧倒的にGoogleが強い。 BingはInternet ExplorerやEdgeといったブラウザーで、何も設定を変えなければ(デフォルトなら)使うことになる検索エンジンなのでちょっとシェアが大きい。Yahooも強いけど、少し古い話だと、YahooはGoogle検索エンジンをYahooアレンジして使っていたりした。(今はどうかわからない、すぐには出てこなかった) それから、GoogleAppleにお金を払って、Safariのデフォルトの検索エンジンGoogleにしてもらってる。

そういったこともあって、Googleが圧勝。それはもう、見ての通り。

ブラウザーのシェア

こっちもパソコンと携帯とに分かれてる。携帯端末について特に着目すると、Android端末を使う場合で一定程度新しい端末の場合は、自動的にGoogle Chromeになる(古いものの場合はAndroidと表示されている部分に該当する)。それから、iPhoneだったらSafari。明確な思いがなければ、基本的にそのまま使うことになるけれど、Androidは世界の60-70%のモバイルOSのシェアを占めていると言われているので、表示されている数値もうなずける。

パソコンの方は、ここ数年でGoogle Chromeって早い、使いやすい、ということがCMや口コミなどでも大きく広がったこともあって、Firefoxを抜かし、IEを抜かし、気付けばTop。今はIEの使いにくさに気づいた人も多くなってIEがだいぶ地位を落としている感じ。

(ちなみに、携帯端末で使われているUC Browserについて初耳だったのだけど、どうやら中国のAlibabaが作ったブラウザみたい。中国で売られている端末にはデフォルトでインストールされていたりするのかもしれない。)

Google一強時代

携帯のOS(Android)もGoogle検索エンジンGoogleブラウザーGoogle。それだけじゃなくて、Gmailもそう、Google Driveも、Google Photoも。広告だったらGoogle Adsence、電話だったらGoogle Hangouts、地図だったらGoogle Map、動画だったらYoutube(by Google)。翻訳のGoogle TranslateやカレンダーアプリのGoogle Calendarも。

便利なものをみんな持っていて、便利だから、自分も含めてみんな使う。そういうのって、素敵なことだと思うし、Google凄いなと思う。 でも、その一方でちょっと怖さも感じる。Googleが自分の生活の端から端まで知っていることへの、得体のしれない恐怖感。Googleはもちろん自分の住んでいる家だって、アクセスが来ているIPアドレスGPSの情報から特定してる。

多くの人が依存すればするほど、Googleなしでは生きられなくなるがために、Googleから多少理不尽に思える要求が来ても飲んでしまう、そういう状況になっているな、と思って。前から時々、そういう風に思うことがあったのだけど、Mozillaのレポートを読んで改めて強く感じた次第。

ブラウザー検索エンジンの変更

The Underdog Effectではないけど、よく言われる、弱い地位のものを応援したくなるという情動かもしれない。自分は2番手・3番手といった地位についている者を後押しするのが昔から好きだったりする。そういった部分と、このままではどうかなと思う部分とが相まって、使用するブラウザー検索エンジンを変更してみました。

こういうのってアイドルの応援と同じ側面はあると思う。Twitterで応援する、ブログを閲覧するといったお金のかからない応援。グッズを買う、ライブに行く、といったお金のかかる応援。 ブラウザーでも、ダウンロードする、使うというお金のかからない応援。寄付をする、開発者として貢献するといったお金、あるいは大きな時間のかかる応援がある。

ブラウザー検索エンジンは日常に溶け込むものだから、周りで使っている人がいないと不安だったり損した気持ちになったりすることが多い。そういう意味で、使用して応援というのも大事だなって。

で、個人的な話だけど、Bingはあまり使い勝手がいいという印象がなくて。数年前にもGoogleではない検索エンジンを使用しようとして、あまりに検索結果が劣後するので諦めた経緯がある。

一方でYahooは結局Googleを使うのと同じ類の話に繋がる。そこで探していたところ、普段から使用しているFirefoxがおすすめしているDuckDuckGoを使用することに。正直まだあまり得体が知れていないところもあるのだけど、検索結果に広告が出てこなかったり、シンプルなインタフェースだったりすることもあって少しだけ応答が早く感じた。出てくる検索結果も、特に大きく変わった印象を受けなかったのでまあいいかな、ということで。

PCのブラウザー検索エンジン

変更前に、Google Chromeでしかできないことを考えてみた。それでしかできないことがあるのに無理に違う選択肢を取るのはただの痩せ我慢なので。 結果、発見したのはGoogle Hangoutsの利用。あれはGoogle Chromeからじゃないと利用できなかったことを思い出した。

他にもPCからはGoogleアカウント系のサービス(Google DriveGoogle Inbox、Google Admob)あたりを使用しているので、それらにアクセスする際はGoogle Chromeにすることに。そしてそれ以外はFirefox with DuckDuckGoにした。

検索エンジンの変更は実のところ、結構簡単だったりする。設定画面を開いて、Searchの欄からDefault Search Engineのプルダウンを選択して、DuckDuckGoを選べばOK。もし選択できない場合は自分で追加する方法もある。

duckduckgo.com

携帯端末のブラウザー検索エンジン

こっちは、ちょっとだけ手間取った。

ブラウザーの変更

Androidを前提に話すと(iOSでも状況は概ね同じはず)、デフォルトはGoogle Chromeで、しかもその設定を変更する方法が簡単には見つからない。

その上、代替的に使用するブラウザとして、なんと2候補ある。

そう、検索エンジンだけでなく、ブラウザーにもDuckDuckGoがある。(アヒルマークが目印でかわいい) FirefoxGoogle Chromeと比べても遜色はまるでない。一方でDuckDuckGoは、閲覧ページがHTTPS(暗号化された通信)をサポートしているかどうかがわからなかったり、履歴を残さないで閲覧するプライベートブラウジングができなかったりと、個人的に大事に感じている機能を欠いていた。

というわけでFirefoxに決定。検索エンジンは同様に設定画面から変更可能。下記は携帯端末で検索エンジンを変更する場合のイメージ。

f:id:hmk404:20170126001128p:plain

そんなに難しくはない印象。で、問題はここから。 例えばLINEやTwitterなどでリンクを開いたとき、使われるブラウザーは……Firefoxを入れたとしてもChromeのままだったりする。そうすると、それをわざわざFirefoxで開き直すのも妙な話で、どうかなと思う。(アプリによっては、どのブラウザで開くか聞いてくれる場合もある)

で、そんなとき、Chromeを携帯端末で使わない、という方針があるなら、次のようにして、端末上のブラウザーFirefoxだけにすれば対応可能。

f:id:hmk404:20170126001421p:plain

携帯全体の設定画面からアプリ一覧を探して、Google Chromeを見つけたら、こういった画面が出るのでDisableすればOK。これで、リンクを開いたときはいつでもFirefoxになる。

もし不便があるとすれば、PCでGoogle Chromeを使っている人が、BookmarkをPCと携帯端末とで共有している場合、PCのChromeと携帯のFirefox間では共有できないというところ。加えて、元々Google Chromeを携帯端末上で使用していた人が新たにFirefoxを入れたとしても、Bookmarkを移動する機能はないというところも残念。(PCの場合はあるんだけどね)

(1/26追記)ありました。設定画面からAdvanced、その後一番上に。単なる見落としでしたね、恥ずかしい。次の画像のとおりです。

f:id:hmk404:20170126235027p:plain

そういったところが不便に感じない人にはおすすめかな。

普段の分量から比較すると、とても長くなってしまった。 PCのFirefox検索エンジンDuckDuckGoに、携帯のブラウザーFirefoxに、そのFirefox検索エンジンDuckDuckGoに変えた、という話でした。

半年後、同じように使い続けているだろうか。自分が振り返ってこの記事を読み返すときがちょっと楽しみ。

それでは、今日はここまで。おしまい。

Remove all ads

ESSE 2月号を読んだ感想

ただの読書感想文です。

主婦向けの雑誌、ESSEをたまたま手に取る機会があって気付けば端から端まで眺めていたり。お金持ちが暇つぶしにやるような、現実離れした節約術の紹介みたいなものもあったりはしたけれど、レシピの考案や収納のアイデアなんかは結構楽しく読めて、これは毎月でなくとも四半期に一度くらい読みたいものだなと感じた。

ESSE(エッセ) 2017年 02 月号

ESSE(エッセ) 2017年 02 月号

具体的には、例えば次の3つとかは記憶に残ってる。

  • かさ増しされているとボリュームがあるように見えて豪華に見えるので鶏肉の上に春雨を
  • 洗濯で干すのが面倒なら、くつしたなどはバラマキ干し(つるさずに、平面に置いて干す)が有効
  • 洗濯でたたむのが面倒なら、靴下や下着類はその人ごとの箱を用意してその中に置けば時間短縮

小さいけどすぐに実践できそうで面白いアイデアだなと。特に、ボリュームがあるように見せる、豪華に見せるというのは、重要な考え方だなと思った。食事は口だけでなくて目や耳でもするものだと思うから、質素な食事だなという印象を与えないひと工夫を、それほどコストをかけずに実行するのはパフォーマンスがいいかもしれないな、なんて。

それから、中華料理を作るのも食べるのも好きな自分にとって耳が痛かったのは、油や糖質は老化を早める、という話。知ってて知らないふりをしていた節はあったけど、徐々に老化を感じ始めているこの頃では、そうした記述に思わず目も止まる。焼き肉よりもしゃぶしゃぶを、炒めもの揚げ物よりも煮物を。

青椒肉絲、炒飯、回鍋肉、油淋鶏、麻婆豆腐......よく作る中華をあげても、油を使ってなんぼ、な雰囲気があって。(麻婆豆腐は少し趣が違うね)

加齢に伴って、料理のレパートリーを変えていかないといけないな、なんて自覚させられたのでした。おしまい。

Remove all ads

座右の銘にしたい言葉

数年前に書いていた手書きのメモをたまたま見かけた。次の2つの言葉が書かれていた。

Right Place at Right Time

正しい時に正しい場所に

Trsut, but Verify

信頼せよ、しかし確かめよ

前者は、有名なフレーズらしく、調べると同名のCD等々も出てきた。ここでいうPlaceは比喩表現で、取り巻く環境であるとか付き合う人であるとか、仕事で言えば努める先とか、そういうもの。

解釈の仕様はいくつもありそうだけど、例えば、なにか成し遂げたいならそれに見合うタイミングと場所を選ぶであるとか、そういうことかな。 おじさんの説教に度々出てくる「物事には順序というものがあるんだ」と言った言葉も実質同趣旨かも。

後者は、信頼してもいいが信用するな、というようなフレーズで別の場所でも聞いたことがあるな。こちらも有名なフレーズのようで、ロシアのRonald Reaganの言葉みたいね。

信頼と言えば、ある行為をするに際して、その人(や組織)がその行為をするに足る能力を有していて且つそれを誠実に成し遂げるであろうということを信じること、だと思っている。要は、能力と誠実性、に疑いを持っていない状態が、信頼していると言えるかな。

その信頼を相手に持つことは重要だけれど、それと同時に、本当に問題ないか、適切に遂行されているか確かめることは欠かせないんだね。 誠実にこなそうとしていても一定の誘惑がつきまとうのが常だから、その誘惑から相手自身も、そして自分自身も守る意味でも、ただ相手の倫理観に結果を委ねるのではなくて、そういった種の確認が必要ということだな。

依頼元がチェックをしていれば、依頼先も(元々ちゃんとやろうとしていたとしても)なおのこと身が引き締まるだろうし、結果適切な成果を残してお互いの信頼を維持できる。依頼元もそのチェックを経て、自分が期待する結果が得られる。仕事でも同じ節あると思うな。上位職からの依頼があったとして、最後に確認が入るのと、「僕は君を信頼しているから」の一言とともに丸投げされるのとではやっぱり違うなというかね。

いい言葉だな、どちらも。 座右の銘に、と思っていた割に失念していたので書き留めておこう。

今日はここまで。それでは。

Remove all ads

ソーシャルメディアアカウント整理

こんにちは。

年始ということで身の回りの整理をしていたのだけれど、不意に思い立って始めて、その結果が、旧ブログからの移動。

自分はIT技術屋なので、技術関連のソーシャルメディアアカウントももちろん持っている。具体例で言えば、Stack OverflowやQiita、GitHubあたり。それぞれ、特性が違うので使い道も異なる。このあたりと、所謂TwitterFacebook、それにこうして書いているブログをどう棲み分けるかというところで少しばかり悩んだ。

市場価値を高める

給金はそれなりであるものの、労働環境はあまり良くない。元々自分は次の3つが仕事を選ぶときには重要なんじゃないかと思ってた。

  • 労働内容(仕事の内容、やりたいことか、楽しいことか、身に付くことかなど)
  • 労働環境(職場はどうか、対人関係はどうか、休みは取れるか、労働時間はどれほどかなど)
  • 労働条件(給料はどうか、福利厚生はどうか)

自分としてはそれなりに気に入ってる。ただ、切り口それぞれが微妙に重なってしまっているなど、もう少し洗練の余地はありそう。それより、誰だかが言っていた次の3つ(内容はうろ覚え)の方が、多くの人には納得感がありそうとも思ってる。

  • 環境

これは、企業を成立させる要素としてよく言われる人・モノ・金・情報に寄せた感じかな。いずれにせよ、選ぶ基準として言っていることのニュアンスはどっちもそう遠くないと思う。

それで、この基準すべてを満たす職場というのはなかなか難しいけれど、2つが自身の期待値を満たせなくて、余所に移れば満たせそうな目処が立つなら転職はGOサインかなと思っていた。

ちょっと脱線したけど、要はこのままいると自身の市場価値の向上速度が低くなって、本格的に給料などに差が出てくる次の5年・10年・15年先を見たときに危険だと感じたから、転職準備をしようとしてる、ということ。

で、市場価値云々といったときに、どうしてもIT技術屋だと、今は技術系のソーシャルメディアアカウントは当然に転職活動(面接)時に相手に示すことも多く、むしろ示すことで信頼を勝ち取ることも多い。なので、それを示すための準備をする局面に来て、既存のアカウント類を整理する必要があると思ったわけ。

アカウントの使用目的で揺れる

実のところ、ブログだけは最後まで迷った。

技術系として提出する等々がちらつく可能性のある方面と、TwitterやBooklogのように個人的な内容をまとめる方面、これらについては、どちらかからどちらかにひも付けされにくいようにしてる。それはアカウント名であったりアイコンであったり使用するメールアドレスであったり。

ブログについては、時には技術的なことを、時には個人的なこと(楽しい旅行の話から会社の愚痴などまで)を書いている現状がある。もし見てもらうことを前提にするなら、ブログを複数運営するか、さもなければ、個人的なことについては上澄みの部分のみに限定したうえで技術的なことを中心に書く必要が出てくる。

自然な発信ができなくなることは結果として自身を縛ることになって何も発信できずに不満だけが残ることになりそうだったので、ブログについては見せる用途からは除くことにした。幸い、元々ブログから収益を得るような計画も特になく、主として自分の思考の整理や書き溜め、そこに、たまに人に役立ちたいという気まぐれを混ぜているような性質だったので、多分現時点ではこの選択が正しいのだろうなと。

(ちなみに、ちょっと前まではアカウントの一意性にこだわっていたこともあった。ただ、一意性を高めると、発信チャネルを広げられるものの、有事の際に火の手があちこちに上がるのは怖かった。特に、自分の場合、それほど発信することによって利益を獲得できる状況にはなかったので、リスクばかりが大きくなるのは得策ではないなということで、ここ数年徐々にアカウントのID等々は棲み分けを開始していた。)

技術的な細かい話

ここ数年内で簡単にブログを作れる仕組みができた。GitHubという、一般的な言葉で言うなら、IT技術者が各々公開し合い、またお互いコラボレーションやメンテナンスなどをし合っているような場所で。

実はこの仕組みに猛烈に惹かれていて、個人的なブログの存続をどうするか悩んだ。

何にそんなに惹かれるかというと、魅力がいくつかあって。例えば次の4つかな。

  • マークダウンで書ける
  • Gitで記事が管理できる
  • 簡単なプログラムを置いて自由に公開できる
  • その上広告もない

わかりやすく言えば、無料で自分のホームページみたいなものが持てて、且つそこに自分のこれまでの技術的な作品をブログと一緒に公開もできて、しかもそれが管理しやすい、と。

今どきのブログは、どこもExport機能があって、ブログの引っ越しはできる。ただ、ブログで書いた内容などを再利用(例えば、過去5年で自分はブログ内でどんな言葉を多く使用していたかを分析するとか)するには少し難しさがあるし、第一、このブログの運営元が急にバックレたらExportする間もなくデータは消えてしまう。

そういう些末な心配に追われなくていいのは魅力だったなあ。とはいえ、そこに書くとなると結局、転職活動時等々に見せることが前提になってしまうので苦しいし、かと言って複数アカウントを取得して使い分けるのも面倒だし、ということで諦めたのでした。

でも、はてなのExport機能もまあまあ悪くなかったかな。これまでの500エントリー近い量を1テキストファイルに出力してくれたので、例えばAuthorを一括で書き換えるのとか簡単に出来てよかった。ただ、なんだか画像のImportはちょっといまいちで。結局手動で対応したかな。 全部やるには面倒な量だったので、読了本まとめの2015年以前のものは画像の表示がない状態です。残念。

そういうわけで、整理活動の一環でこのブログと、それからTwitterはアイコンが、BooklogはアイコンとIDが変わってます。もしチェックしてくれている人がいればご注意を。

長くなったけれど今日はここまで。それでは。

Remove all ads